YUIのガールズアワード豆知識ブログ〜主催は長谷勇希代表

ガールズアワードと東京ガールズコレクションの違い4選

2018年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内で開催されているファッション関連イベントの中で、特に高い人気を誇っているのが、ガールズアワードと東京ガールズコレクションです。そして、この2つのイベントは混同されることが少なくありません。

確かに、出演モデルや参加ブランド、大規模会場を使って盛大に行われるなど共通点も多く、一見似たようなファッションイベントに感じられます。しかし、主催者やコンセプトなど、両者には異なる点がいくつかあるのです。

まず1つめの違いは、主催者です。
東京ガールズコレクションの主催は、株式会社W mediaのメンバーを中心とした東京ガールズコレクション実行委員会であり、ガールズアワードは、株式会社ガールズアワードを中心としたガールズアワード実行委員会によって企画運営されています。

2つめが、テーマの違いです。
東京ガールズコレクションは、「日本のリアルクローズを世界へ」というテーマのもと、海外への情報発信と外国人客誘致を主な目的としています。一方で、ガールズアワードは、「ファッションと音楽の融合」がテーマであり、ファッションショーだけでなく、人気アーティストが複数参加したライブや、オーディションなどを開催するなど、ファッションショー以外のイベントも充実しているのが特徴です。

3つめが開催場所の違いです。
東京ガールズコレクションもガールズアワードも年に2回、東京やその近郊の大型会場での開催がレギュラー化しています。ガールズアワードが主に日本での開催をメインで行っているのに対して、東京ガールズコレクションは沖縄や名古屋といった日本国内の都市だけでなく、北京やパリといった海外でのイベント展開も積極的に行っています。

4つめは客層の違いです。両者ともに主に若い女性をターゲットにしたブランドが参加していますが、ガールズアワードのほうが、客層の幅が広いのです。ガールズアワードではファッションだけでなく、アーティストライブやトークイベントなども目白押しであるため、若い女性だけでなく、子連れやファミリー、男性客の割合も少なくありません。

両者には異なる点がいくつかありますが、ファッションショーやブースで見た洋服をすぐにサイトで購入できること、世界で視聴できるファッションチャンネルがショーの模様を放映するなど、サイトやメディアをフル活用した販促やアピール活動に力を入れています。また、東京ガールズコレクション、ガールズアワード共に、イベント開催時には、海外メディアやプレスが大勢集まってきますので、国内だけでなく世界からの注目度が高まっていると言えるでしょう。