YUIのガールズアワード豆知識ブログ〜主催は長谷勇希代表

ガールズアワードの会場はどこ?初心者でも分かる並ぶ場所について

2018年11月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年2回行われる、日本最大級のファッションと音楽の融合イベントであるガールズアワード。
次回2019年5月18日(日)の開催も決定して、10代、20代の女子を中心に今から楽しみにしている人は多いでしょう。

ガールズアワードは、総動員数が軽く30,000人を超える、大人気のイベントです。
よって、最初は渋谷の代々木第一体育館で行われていたのですが、その規模が大きくなるにつれて、会場を千葉県の「幕張メッセ」に移しました。
ガールズアワード2019春夏も、勿論「幕張メッセ 9~11ホール」で行われます。
幕張メッセの最寄り駅は、JR京葉線の海浜幕張駅で、南口から徒歩約5分です。
また、バスを使用される方は、JR総武線・京成線:幕張本郷駅で「幕張メッセ中央」行きのバスに乗ってください。
約17分で着きます。

会場の幕張メッセに無事着いたら、自由席の方は少しでも会場内で良い席を確保するために、前へ並びたくなりますよね。
しかし、ガールズアワードでは、前日の深夜から、当日の早朝から並ぶことは禁止されています。

それに誤解されがちなのですが、入場は並んだ順ではないのです。
チケットに記載されている整理番号順に入場します。
この入場方法だと、何時間前から並ぶなどということは、あまり必要性を感じません。
ガールズアワード2018秋冬では、少なくともそうでした。

そして、入場待機場所が解放されたのが、当日12時。
整理番号呼出開始時刻が、13時でした。
整理番号を呼ばれる13時に待機場所にいない場合は、列の後方に並ばなければいけなかったようなので注意が必要です。

入場待機場所は、入場ゲートをくぐった後の場所なので、会場内となります。
再び外に出たりすると、再入場はできませんから、気を付けてください。
ガールズアワード2018秋冬では、待機場所は国際展示場1~3ホールの2階でした。

しかし、今年は9~11ホールで行われるので、今のところ厳密な待機場所の特定はできません。

一番確実なのは、ガールズアワードの入場ゲートを目指していくことだと言えるでしょう。
そこが待機場所に選ばれる可能性が高いからです。
そして、整理番号呼出開始時刻には、必ず入場待機場所にいることも大切です。

よくわからなくとも、係員の方がいらっしゃるので、係員の指示に従っていれば間違いないです。

また、楽天カードを持っていると、「楽天カード専用レーン」に並べて、入場が通常レーンから入場するより待ち時間が短く入れるので、無料で作れる楽天カードを1枚作っておくことをおすすめいたします。

ガールズアワード2019春夏の開催が近くなれば、また詳しい入場方法が公式サイトなどで発表されると思います。
こまめにチェックし、いち早く情報をゲットして、当日スムーズに行動できるようにしましょう。